「レーザー脱毛」の記事一覧

日焼け肌や色黒の人が脱毛する際に気をつけること

レーザー脱毛

脱毛する施術者に対してほとんどのクリニックでは「肌が黒い方は照射量を強くすることができない」「脱毛を行った後は日焼けしないように」というような助言をしています。 これは、肌が白い人に比べて色黒の人の方が「脱毛効果が出にくい」といった理由があるからです。 日焼け肌や色黒の人は施術できないということではありませんが、いくつか注意すべき点があります。 ここで、脱毛を行う際の注意点について学んでおきましょう。 脱毛レーザーは肌の黒さに反応してしまう 医療脱毛に使用している脱毛機器の多くは照射すると黒いもの(メラニン色素)に反応し、毛の組織細胞を破壊し脱毛するといった仕組みになっています。 ですから色白の人は黒い毛の色を識別しやすく、毛だけにダメージを与えることができ肌への負担も少なくなるのです。 一方、色黒の人や日焼けした人は毛と肌との区別がつかず、肌にもレーザーが反応してしまう可能性があります。 メラニン色素に反応すると照射レーザーによって熱を与える仕組みになっているので、火傷してしまう危険性が高くなるでしょう。 通常の肌より脱毛効果が出にくい? 色黒の人や日焼けをしている人は、火傷や施術による痛みなどのリスクを伴うことになりますがそれだけではありません。 一番重要な脱毛効果が出にくいといった要因も含まれます。 これは、火傷や痛みを軽減するために脱毛機器の照射レベルを弱めて施術が行われることが原因です。 医療脱毛はレーザーの熱量が高ければ高いほど毛根にアプローチすることができるので、熱量を抑えてしまうとその分効果も半減してしまうといった仕組みになっています。 色黒の人や日焼けをしている人が安全に脱毛するには では、色黒や日焼け肌の人が火傷などのリスクを回避するにはどうしたら良いのでしょうか? ・肌が落ち着くまで待つ ・日焼け対策をする ・紫外線を浴びない 日焼けした直後は肌の内部にメラニン色素が蓄えられています。 日焼けが落ち着いたように見えても、内部ではまだまだメラニン色素を保有している可能性が高いので、1~2ヶ月くらい空けてから脱毛するようにしましょう。 紫外線は夏だけでなく春・秋・冬の季節にも発生します。 色黒の人は普段から日焼けしないように日焼け止めクリームや帽子をかぶるなど、日焼け対策を行うようにしてください。 日焼け肌や色黒肌の人は脱毛施術することにリスクがあり、安全に脱毛するための対策を講じなければなりません。 大阪は紫外線指数が全国的にも高いため、特に注意が必要です。 しかし、近年では日焼け肌にも使える蓄熱式の脱毛機器によって対応可能となりました。 大阪の脱毛クリニックでも導入しているところがあるので、日焼けや色黒で悩んでいる人は「日焼けに対応した脱毛機器」で施術してもらうようにしましょう。 梅田でレーザー脱毛のことならコチラ

脱毛効果を感じられない?レーザー脱毛後に毛が増える硬毛化・増毛化とは

レーザー脱毛

効果の高いレーザー脱毛は人気の脱毛方法ですが、炎症以外に毛が薄く少なくなるどころか増えてしまうリスクがまれにあります。 その状態を「硬毛化」や「増毛化」と呼びますが、なぜレーザー脱毛で毛が増えてしまうのでしょうか? 今回は硬毛化・増毛化の原因や発生しやすい部位などについてご紹介していきます。 硬毛化・増毛化とはどんな現象? 本来、レーザー脱毛を受ければムダ毛は抜けていくのですが、硬毛化・増毛化を起こすことがあります。 硬毛化とはムダ毛の量は減っていますが、残った毛が太くなることや長くなってしまう特徴を持つ現象です。 一方、増毛化は発毛していない毛穴もレーザー脱毛の影響で活発化し、それにより毛が増えてしまう状態を指します。 どちらもレーザー脱毛がきっかけでなるものですが、どうして毛が硬くなったり、毛が増えたりするのかはメカニズムが明らかにされていません。 本来はレーザーを照射することで熱が発生し、その熱で毛根やその周りの毛包を破壊していますが、何かの減少により熱に変わらず毛根周辺の組織を活発化させてしまうという説が考えられています。 医学界では原因を明らかにするため、硬毛化・増毛化の発生や対処方法の研究が現在でも続けられています。 光脱毛でも硬毛化・増毛化は起きる レーザー脱毛で硬毛化・増毛化が起きるとすれば、サロンの光脱毛なら安心と思う方もいらっしゃるでしょう。 確かに、光脱毛はレーザーよりも威力が低いので肌へのダメージは少ないものの、レーザー脱毛と同じく硬毛化・増毛化のリスクは存在しています。 サロンに限らず家庭用脱毛器でも発生する可能性は十分にあるので、レーザー脱毛や光脱毛問わず毛根細胞を刺激する脱毛は硬毛化・増毛化が発生することがあると認識しておきましょう。 硬毛化・増毛化はどの部位に起きやすい? 硬毛化・増毛化のメカニズムは明確になっていないので具体的にどこにできるとは断言できませんが、細くて薄い産毛の部位に多く見られます。 産毛の生える部分とはうなじや背中、二の腕、肩まわりなどが当てはまります。 これらの部位は個人でムダ毛処理することが難しく、レーザー脱毛で人気の高い部位に含まれるため、硬毛化・増毛化のリスクを理解した上で脱毛をしてください。 このように、レーザー脱毛は様々なリスクがあると承知の上で行わなければなりませんが、いざ硬毛化・増毛化が発生すると後悔してしまう人は多いでしょう。 大阪でレーザー脱毛を受ける時は、硬毛化・増毛化に対してどう対処してくれるのか確認し、アフターケアや保証がしっかり整ったクリニックを選んでください。 大阪で脱毛ならコチラ

レーザー脱毛後は肌が敏感!正しいケアで仕上がりや脱毛効率を良くしよう

レーザー脱毛

クリニックのレーザー脱毛はサロンの光脱毛よりも効果が高いことがメリットになりますが、その分、施術後のケアに気を付けなければなりません。 仕上がりのいい肌を保つためにも、レーザー脱毛後の正しい手入れ方法を確認していきましょう。 レーザー脱毛後の入浴と保湿ケアについて レーザー脱毛を受けた後はいつもどおりに生活できますが、入浴と保湿ケアで注意点があります。 ・施術後はシャワーだけにすること 肌に少しほてりが残ることがあり、激しい運動で汗をかいたり、入浴で肌を温めたりするとほてりが強くなることや、炎症が悪化することがあります。 肌の温め過ぎを回避するためにレーザー脱毛を受けた日はシャワーだけにしましょう。 ほてりが続く場合は冷水に付けて硬く絞ったタオルや保冷剤で患部を少し冷やしてください。 ・保湿ケアは念入りに 肌の水分量が減っているのでいつもより念入りに保湿ケアをしましょう。 わざわざ高い化粧品を使う必要はなく、いつも使っているもので構わないのでじっくりケアしてください。 ダメージを受けた肌はレーザー脱毛器の威力を下げなければならないので、効率良く脱毛していくためには保湿ケアで健康な肌を維持することが大事です。 レーザー脱毛期間中にしてはいけないこと レーザー脱毛をしている間は肌が敏感になっているので、上記の注意点以外でも気を付けてもらいたいことがあります。 ・日焼け レーザー脱毛は毛根細胞を壊すことで効果を得ているため、脱毛後の肌はダメージを受けた状態であり、少しの紫外線でも日焼けしやすい状態に傾いています。 日焼けすると脱毛時に火傷のリスクが高まるので施術ができず、また日焼けがシミとして残ってしまう場合もあるでしょう。 安全に施術を行うため、シミを作らないためにも日焼け対策を徹底してください。 ・毛抜きを使った自己処理 通常レーザー照射をして2週間から3週間後に毛が抜け始めますが、それまで残っている毛が気になるという方は少なくありません。 しかし、そこで毛抜きを使って抜くと毛周期のサイクルが乱れ、次回の照射で十分な効果を得られなくなってしまいます。 ムダ毛が気になる時は抜くことを避け、電動カミソリやシェイバーなど肌に優しい方法で処理をしましょう。 大阪にはレーザー脱毛が受けられるクリニックがたくさんあり、体毛の濃さに悩む多くの方が施術を受けています。 効果が高い分、炎症が起きるリスクがありますが、クリニックでの施術なので肌トラブルのリスクに配慮し軟膏が処方されるので、炎症が起きた際は処方された軟膏を必ず使い、改善されない場合はすぐに相談してください。 大阪でレーザー脱毛を受けたい方は脱毛実績が多く、アフターケアに徹底しているクリニックを選び、ご紹介した正しいケアも徹底しましょう。 大阪でレーザー脱毛ならコチラ

ページの先頭へ