永久脱毛という言葉を聞くと「永久的に1本も毛が生えないこと」という解釈をされる人も多いのではないでしょうか?
しかし、永久脱毛とは残念ながら「永久に毛が生えない」という定義ではありません。
では、永久脱毛が示す本当の意味とは一体どういった内容なのでしょうか。

永久脱毛の定義

現在日本では、永久脱毛について明確な定義は決められていません。
ですが、一般的な解釈としては「高い減毛率を長期間に渡って維持できる脱毛方法」と捉えられています。
一方、アメリカ食品医薬品局(FDA)では、永久脱毛の定義を「一定の脱毛施術をした後に再び発毛する本数が長期間にわたり減少し、その状態が長期間維持されること」と公表しています。
日本ではアメリカの電気脱毛協会またはFDAよって決められた定義を転用されているケースが多いと言えるでしょう。
【アメリカ電気脱毛協会による永久脱毛の定義】
・脱毛施術1ヶ月後の状況で、毛の再生率が20%以下になっていること
【FDAによる永久脱毛の定義】
・3回の脱毛施術によって6ヶ月後、3/2(67%)以上減毛していること
2つの定義を見ても「永久脱毛は1本も毛が生えない」ということを謳っている部分はないことが分かります。

脱毛クリニックでは毛周期によって施術内容が決まる

大阪・梅田に所在する脱毛クリニックでは、短期的な効果より長期間かけ減毛率を高めるための最善な施術方法を取り入れています。
例えば、医療レーザーを採用した脱毛コースの有効期限を5年間と長く設定し、利用者に適したタイミングで来院してもらうようコース内容を調整しているクリニックも珍しくありません。
これは、永久脱毛には毛周期が非常に重要視され、周期は個々によって異なるためより効果を示すタイミングで来院してもらいたいといった目的があるのです。
また、永久脱毛は施術箇所によっても違いがあるので、どの部位を永久脱毛するのかによっても毛周期が変わってきます。

永久脱毛はエステやサロンでは施術できない

永久脱毛は厚生労働省の規定によって、エステまたは脱毛サロンで行うことはできません。
永久脱毛を医師以外の人が行った場合は法律違反になります。
2001年には医師以外が毛乳頭を破壊する強いレーザー脱毛器を使用することも「医師法違反」になるという規定が加わりました。
ですから永久脱毛を希望する場合はエステや脱毛サロンではなく、医療クリニックを利用するようにしてください。

クリニックによる永久脱毛は、サロンやエステで採用している脱毛機器に比べて脱毛効果が非常に高いです。
大阪・梅田で永久脱毛を行いたいと検討されている人は、ぜひクリニックの医療レーザー脱毛を選択してみましょう。