大阪・梅田には脱毛メニューを提供しているクリニックが数多くあります。
クリニックで行えば手間をかけず綺麗に脱毛できるものの、自宅で簡単に処理をしたいという方も多いのではないでしょうか?
脱毛をしたいと考えた時、医療脱毛と家庭用脱毛器ならどちらの方が効果的なのでしょう。
今回は医療脱毛と家庭用脱毛器の違いについてご紹介していきます。

効果が高いのはどっち?

医療脱毛はレーザー光線を用いて、照射した部分の毛根やその周辺の細胞組織を破壊し、毛を再生できなくする仕組みとなっています。
細胞を破壊することは医療行為にあたるため、サロンではできずクリニックなどの医療機関のみで行うことが可能です。
一方、家庭用脱毛器はサロンの光脱毛と同じく、レーザー光線よりも優しい光で毛根やその周辺にダメージを与えて脱毛する仕組みとなっており、サロンの脱毛器の威力を家庭用に抑えたものとなります。
光脱毛には細胞を破壊するほどの威力はないので、脱毛効果は一時的なものとなり、いずれ毛は再生してまた生えてきてしまうでしょう。
医療脱毛は再生力を奪うので永久脱毛に分類されるため、効果の方は家庭用脱毛器を圧倒的に上回ります。

安全性の保証

効果の高さから考えると肌トラブルのリスクは医療脱毛の方が大きくなり、家庭用脱毛器の方が安全に脱毛できます。
しかし、家庭用脱毛器にも火傷のリスクはあるので注意が必要です。
家庭用脱毛器の多くは照射レベルを数段階設定でき、レベルが高いほど熱も強くなるので、扱い方を間違えると火傷することがあります。
医療脱毛は医師や看護師が施術を行ってくれるので、万が一に肌トラブルがあっても適切な処置をすぐに受けられる安心感が魅力です。
家庭用脱毛器の使用は全て自己責任となるので、安全性の保証を考えると医療脱毛の方をおすすめします。

仕上がり度は医療脱毛が有利

家庭用脱毛器は自分で照射しなければならないので、背中やVIOなど自分では照射が難しい部分もあります。
部位によっては人に頼むことも難しく、照射漏れも少なくありません。
しかし、医療脱毛なら自分では難しい部分も照射してもらうことができ、正しい技術を持つスタッフが行うので照射漏れのリスクは少なく、個人で行うよりも綺麗な状態に仕上げることが可能です。

家庭用脱毛器はサロン以上に威力が下がるので、剛毛の方は効果が薄いと感じる人も少なくありません。
医療脱毛なら安全性が高く、永久脱毛となるので効果の高さも魅力と言えます。
ムダ毛に悩んでいる方は医療脱毛に対応したクリニックにまずは相談してみてはいかがでしょうか?