男女問わず気になるワキガですが、医療脱毛で改善されるという噂があります。
医療脱毛をすれば剛毛なワキ毛を綺麗に処理でき、同時にワキガも改善されるとなればワキガに悩む人には一石二鳥と言えるでしょう。
ここではワキガと医療脱毛の関係性についてご紹介していきます。

医療脱毛でワキガの改善は難しい

医療脱毛をすることでワキ毛が薄くなったり、なくなったりするので、蒸れにくく通気性が良くなることからワキ汗のニオイを軽減できます。
同じ原理でワキガも改善できるとイメージできますが、実は医療脱毛でワキガを改善することは難しいとされています。
そもそもワキガとワキ汗臭は、分泌される汗腺に違いがあります。
体全体にあるエクリン腺はほとんど水分であるため無臭の汗が分泌され、その汗が皮膚の垢や皮脂と混ざり、常在菌が分解するとニオイ物質が生まれて汗臭を発生させます。
一方、ワキガもニオイの発生する仕組みは同じですが、アポクリン腺という一部の部位にある汗腺から分泌される、たんぱく質や糖質、脂質、アンモニアなどを含む汗なので、ワキ汗臭よりも強い悪臭と放ってしまうのです。
ワキガの方はアポクリン腺が多く、汗腺の粒も大きい傾向があります。
医療脱毛は毛根周辺の細胞を破壊することができますが、レーザーが毛根とつながる汗腺まではなかなか届きにくく、完全にワキガが治るということはないようです。

改善は難しいが、医療脱毛でニオイが軽減される効果も!

医療脱毛でワキガの改善は難しいですが、医療脱毛をするメリットはあります。
まず、医療脱毛は毛根周辺の細胞や発毛因子を破壊するので永久脱毛効果が得られ、完了すればワキ毛の処理が必要なくなります。
ワキ毛がなくなることでワキが蒸れにくくなり、細菌の繁殖を軽減できるのでワキガが軽減される可能性があるのです。
汗をかいた時も手入れがしやすいので、小まめに汗を拭いて清潔を保てられれば、よりニオイも気にならなくなるでしょう。

大阪・梅田には医療脱毛ができるクリニックも数多くあり、ワキガの方も問題なく脱毛できます。
ワキガの改善は専門的な治療が必要となりますが、医師にワキを見せる時も抵抗感を持つ方もいるでしょう。
そんな方は医療脱毛でワキ毛を処理しておくことで、ワキガ治療に踏み出すきっかけにつながるかもしれません。
また、軽度のワキガなら医療脱毛でニオイを軽減することもできるので、医療脱毛もぜひ取り入れてみましょう。