脱毛には様々な方法がありますが、ブラジリアンワックスは毛抜きのように1本1本抜いていくのではなく、広範囲を一気に抜くことができる点が大きなメリットと言えます。
ブラジリアンワックスにも種類があるのですが、脱毛が手軽に行える反面デメリットも多いです。
今回はブラジリアンワックスの種類やデメリットについてご紹介していきましょう。

ブラジリアンワックスの種類と特徴

ブラジリアンワックスはムダ毛処理専用のワックスを肌に塗り、肌の負担を軽減してムダ毛を引き抜く脱毛方法です。
主に4つの種類があり、それぞれで特徴が異なります。
・ハードワックス
名前の通り固めのテクスチャーのワックスを塗り、ワックスが固まってきたら剥がすタイプです。
・ソフトワックス
とろみの強いワックスを塗り、その上にペーパーを貼り付けます。
ハードワックスのように硬化することなく、ペーパーを剥がす力でムダ毛を抜いていくタイプです。
・ワックスシート
家庭用でも市販されており、ワックスが付着したペーパーを貼り付け、ソフトワックスにように抜いていくタイプになります。
・ロールオンワックス
こちらもソフトワックスの一種で、ワックスの付いたローラー型のペーパーを転がすだけで簡単に毛を抜くことができます。

ブラジリアンワックスでの脱毛を避けた方が良い理由

サロンや自宅で簡単にできるブラジリアンワックスですが、もっと綺麗に脱毛したい人や、クリニックで脱毛を受けたいと考えている人は控えた方が良いでしょう。
なぜ避けた方が良いのかというと、いくつか理由が存在します。
・ブラジリアンワックスは肌に負担を与える
ワックスを使用することで剥がす時にかかる肌の負担は軽減されているものの、回数を重ねればダメージは大きくなります。
剥がす時の力加減によっては抜けない毛も出てくるので仕上がりが均等になりにくく、何度もやり直しが必要なケースも少なくありません。
肌にダメージを与え続ければ乾燥肌や色素沈着につながってしまうでしょう。
・永久脱毛ではない
毛根から引き抜くのでカミソリやシェーバーよりも綺麗に脱毛できます。
しかし、毛を抜いても永久脱毛ではないので、時間が経てば再び生えてきて再度処理が必要です。
部位によって毛が再生する早さにも違いがあり、処理を続ける度に肌に負担を与え続けることになるでしょう。
・毛周期が乱れる
毛は毛周期と呼ばれる成長期、退行期、休止期のサイクルを繰り返して毛が再生し、成長しています。
脱毛クリニックのレーザー脱毛は成長期のムダ毛に効果があり、成長が止まったり抜けたりする段階の退行期や休止期には効果がありません。
ブラジリアンワックスで毛を抜けば毛周期が乱れるため、レーザー脱毛と併用して行うと最大限の効果が発揮されず、完了まで時間と費用がかさんでしまうので今後脱毛クリニックでの施術を考えている方は避けた方が良いです。

ブラジリアンワックスは肌への負担や仕上がりは永久的なものではなく、また部位によっては強い痛みが生じるでしょう。
脱毛クリニックは痛みや肌トラブルを軽減しながら脱毛でき、将来的にはムダ毛処理をほとんど必要としないところにメリットがあります。
大阪・梅田にはレーザー脱毛に対応した脱毛クリニックがあるので、自己処理から開放されたい人は脱毛クリニックへ相談してみましょう。