大阪・梅田には脱毛に対応したサロンやクリニックが数多くあり、リーズナブルな価格プランを出すところも多いので、脱毛がより気軽に受けられるようになってきました。
どこで脱毛をするか決める際に価格や効果を重視されると思いますが、同時に安全性に関してもこだわる方も多いでしょう。
施術者の技量によって安全性だけではなく、効果にも影響を与えることがあるので、資格や免許が必要な仕事と思っている方も多いはずです。
今回は脱毛の施術者は資格や免許が必要なのか、必要なケースなどをご紹介しましょう。

脱毛をするには資格や免許は必要?

資格や免許は一定基準の専門知識と技術を持っていることを示すので、信頼度に大きく関わる要素となり、資格を持つスタッフが在籍していることをアピールするサロンやクリニックは多いです。
人の体に触れ、熱を発生させる機器を操作するので、正しく脱毛するための知識や機器を操作する技術が求められます。
ただ、資格が必要な仕事と思われがちですが、基本的に脱毛に関する資格がなくても働くことができ、施術への対応も可能です。
一部国家資格が必要となりますが、脱毛に関する資格は国家資格がないので、未経験者でもお店や医療機関ごとの研修で知識や技術を身に付けていくことになります。

脱毛の民間資格について

脱毛には国家資格はないものの民間資格があり、それを取得されるスタッフは多くみられます。
一般的にエステティシャンの資格の一部に含まれることが多いのですが、「日本エステティック振興協議会」や「日本エステティック協会」、「IEA国際エステティック協会」が認定する資格が有名です。
特にIEA国際エステティック協会が認定する「トータルビューティー」は受験資格に条件があり、同協会のカリキュラムを修了している人か1年以上サロンで実技経験がないと受けられ得ず、また脱毛以外の幅広い知識と技術が必要で難易度が高いとされています。

資格が必要な脱毛もある

サロンの脱毛であれば資格なしでも、民間資格ありでも脱毛の施術は可能ですが、医療機関で行われる医療脱毛の場合は医師免許が必要になります。
医療脱毛は毛根を破壊する医療行為にあたるため、施術者は医師か医師から指示を受けた看護師しか施術できません。
そのため、医療脱毛を行うためには国家資格の医師免許や看護師免許の取得が必須です。
また、より専門的な知識や技術を得るために民間制度の「日本医学脱毛学会」に入会する人もいます。

このように脱毛の施術者は資格や免許は不要ですが、安心してお任せできるのは資格を持っているところです。
医療脱毛は必ず国家資格が必要な脱毛なので、安全性を優先される方は医療機関で受けることをおすすめします。
また、医療脱毛は永久的な効果を得られるので、効果の高い脱毛を受けたい方にも適しています。