中学生や高校生は精神的な成長よりも体の成長の方が盛んで、体毛に悩む未成年者も多いのではないでしょうか。
数年前までは未成年が脱毛クリニックに行くことは考えられないという風潮がありましたが、脱毛クリニックによっては未成年でも医療脱毛を受けられる環境も増えてきているようです。
大阪・梅田にある脱毛クリニックでは14歳以上を施術対象としているところもありますが、本当に未成年で施術を受けても安全なのでしょうか?

未成年でも医療脱毛は受けられる

一昔前までは未成年を対象とする脱毛・施術を対象外とするサロンが一般的でした。
どうしても脱毛をしたい場合は、皮膚科またはクリニックに通うといった選択をします。
しかし、最近は脱毛機器の安全性や性能が向上していることにより、未成年を対象に脱毛可能な場所が多くなってきているようです。
未成年の場合は親権者の同伴または親権者の同意書が必要になり、これはどのサロン・クリニックにおいても共通する条件です。
また、店舗によって対象年齢が異なるので契約先の条件を確認しておく必要があるでしょう。
中には年齢制限なしという店舗もありますが、どちらにしても親権者の同意書が必要になるので親の許可なしに脱毛をすることはできません。

未成年が脱毛をしたいと思う理由とは

思春期にあたる中学生や高校生は、心の悩みや体の悩みがつきものです。
中学生になるとムダ毛が生え始めるので脱毛したいと強く思う方も増えてきます。
例えば部活動で水泳や陸上、バスケットなど肌の露出が多いクラブに所属していると、ムダ毛を見られるのが恥ずかしいといった理由で脱毛を考える方も少なくありません。
カミソリやシェーバーなどを使ってムダ毛を自己処理しているうちに、色素沈着する可能性が高くなることを恐れて、脱毛を希望する方もいるでしょう。
自己処理に失敗してしまうと炎症や赤みなど別の悩みが増えてしまうので、学生のうちに脱毛を完了させておきたいという方も多くなってきた風潮にあります。

医療脱毛はサロンによる光脱毛と違い、脱毛効果が非常に高いです。
脱毛回数や期間を短縮しながら永久脱毛を手にすることができるので、自己処理する必要がなくなります。
施術対応は経験豊富な看護師が行ってくれるので、脱毛初心者でも安心して施術を受けられるでしょう。
脱毛を検討している未成年者は親から協力を得て、自己処理いらずの綺麗な肌を医療脱毛で目指しましょう。