脱毛する施術者に対してほとんどのクリニックでは「肌が黒い方は照射量を強くすることができない」「脱毛を行った後は日焼けしないように」というような助言をしています。
これは、肌が白い人に比べて色黒の人の方が「脱毛効果が出にくい」といった理由があるからです。
日焼け肌や色黒の人は施術できないということではありませんが、いくつか注意すべき点があります。
ここで、脱毛を行う際の注意点について学んでおきましょう。

脱毛レーザーは肌の黒さに反応してしまう

脱毛レーザーは肌の黒さに反応してしまう
医療脱毛に使用している脱毛機器の多くは照射すると黒いもの(メラニン色素)に反応し、毛の組織細胞を破壊し脱毛するといった仕組みになっています。
ですから色白の人は黒い毛の色を識別しやすく、毛だけにダメージを与えることができ肌への負担も少なくなるのです。
一方、色黒の人や日焼けした人は毛と肌との区別がつかず、肌にもレーザーが反応してしまう可能性があります。
メラニン色素に反応すると照射レーザーによって熱を与える仕組みになっているので、火傷してしまう危険性が高くなるでしょう。

通常の肌より脱毛効果が出にくい?

通常の肌より脱毛効果が出にくい?
色黒の人や日焼けをしている人は、火傷や施術による痛みなどのリスクを伴うことになりますがそれだけではありません。
一番重要な脱毛効果が出にくいといった要因も含まれます。
これは、火傷や痛みを軽減するために脱毛機器の照射レベルを弱めて施術が行われることが原因です。
医療脱毛はレーザーの熱量が高ければ高いほど毛根にアプローチすることができるので、熱量を抑えてしまうとその分効果も半減してしまうといった仕組みになっています。

色黒の人や日焼けをしている人が安全に脱毛するには

色黒の人や日焼けをしている人が安全に脱毛するには
では、色黒や日焼け肌の人が火傷などのリスクを回避するにはどうしたら良いのでしょうか?

・肌が落ち着くまで待つ
・日焼け対策をする
・紫外線を浴びない

日焼けした直後は肌の内部にメラニン色素が蓄えられています。
日焼けが落ち着いたように見えても、内部ではまだまだメラニン色素を保有している可能性が高いので、1~2ヶ月くらい空けてから脱毛するようにしましょう。
紫外線は夏だけでなく春・秋・冬の季節にも発生します。
色黒の人は普段から日焼けしないように日焼け止めクリームや帽子をかぶるなど、日焼け対策を行うようにしてください。

日焼け肌や色黒肌の人は脱毛施術することにリスクがあり、安全に脱毛するための対策を講じなければなりません。
大阪は紫外線指数が全国的にも高いため、特に注意が必要です。
しかし、近年では日焼け肌にも使える蓄熱式の脱毛機器によって対応可能となりました。
大阪の脱毛クリニックでも導入しているところがあるので、日焼けや色黒で悩んでいる人は「日焼けに対応した脱毛機器」で施術してもらうようにしましょう。