大阪府内や梅田には非常にたくさんの脱毛クリニックがありますが、何を基準にクリニック探しをしたら良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか。
価格やサービス、梅田駅から近い場所に立地しているかも当然大きなポイントになりますが、今回は医療脱毛機器の種類について解説していきます。
自身が理想とする脱毛に最も近づけるような脱毛機器には、どのような特徴があるのでしょうか?

クリニックに導入している医療脱毛機器の種類

クリニックに導入している医療脱毛機器の種類
日本の脱毛クリニックでは、主に以下の3種類の脱毛機器を採用しているところがたくさんあります。

・アレキサンドライトレーザー
こちらの脱毛機器は、3種類の中で一番波長が短いレーザー脱毛機器です。
755nmのレーザーは日本人の肌質や毛質に非常に合いやすく、使用症例が最も多いとも言われています。
太い毛や毛根がしっかりしている方でも幅広く対応できる脱毛機器と言っても良いでしょう。
波長が短いことで痛みを感じやすいといったデメリットがありますが、痛みを軽減させるために冷却装置が設置されている脱毛機器もあります。
照射範囲が広いので短時間で施術が完了し、照射直後に脱毛が始まるなど速効性が高いという特徴が見られます。

・ダイオードレーザー
こちらの脱毛機器は、アレキサンドライトレーザーの波長よりもやや長めの810nmのレーザーを採用した脱毛機器です。
それに加えて近赤外線を使用しているため、痛みが少なく肌へのダメージも少ないといった利点があります。
様々な肌質や毛質に対応できますが、脱毛の効果を感じるまでに少し時間がかかるといった欠点もあります。
しかし、近年の脱毛機器は照射と同時に皮膚を伸ばす吸引式や熱を貯めて脱毛する最新脱毛機器が開発され、施術時間を縮小することが可能になりました。

・ヤグレーザー
ヤグレーザーの波長は1,064nmと非常に長いレーザーを採用しているため、皮膚の奥深くまで照射することが可能です。
濃く太い毛でも脱毛効果が十分得られるので、色黒の方でも安心して施術することができるでしょう。
照射範囲が狭いことが難点で産毛には効果を発揮しないという面もありますが、肌へのダメージが少ないというメリットを利用して他の脱毛機器と併用しているクリニックが多いようです。

大阪 梅田の脱毛クリニックによって導入している脱毛機器は異なりますが、注目すべき点は多くの脱毛機器を保有していても施術者に合わせて使い分けられているかということです。
「この脱毛機器で施術したい」と考えていても、脱毛したい部位や毛質によって合わない可能性があります。
ですから、一人ひとりの肌質や毛質をしっかり見定めた上で機器を選んでくれる脱毛クリニックで施術してもらうことをおすすめします。