近年、一般の方の脱毛に関する意識や知識は高まりつつありますが、医療脱毛とエステ脱毛の違いを知らないという人は意外に多いようです。
そこで今回は、医療脱毛とエステ脱毛の違いについて検証していきましょう。

医療脱毛とエステ脱毛ならどちらが良い?

医療脱毛とエステ脱毛ならどちらが良い?
医療脱毛は名前の通り、国から認められている「医療行為」として脱毛効果はもちろん、安全面に特化している脱毛方法です。
一方、エステ脱毛は医師が在籍していないため毛乳頭などを破壊させてしまうのは法律違反となります。
このように毛根へアプローチすることは一緒でも、照射出力の量や施術担当者などは全く異なります。
人によって感じ方や適応力が違うのでどちらの方が良いという判別はありませんが、具体的にどのような違いがあるのか医療脱毛とエステ脱毛を比較してみましょう。

医療脱毛とエステ脱毛の違い

医療脱毛とエステ脱毛の違い
【医療脱毛】

・脱毛方法…レーザー脱毛
・脱毛効果…レーザーによる照射で毛を生産する組織を破壊するため、永久脱毛を実現させることができます。
・施術回数…レーザー出力が強いため、5~6回程度で完了する場合が多いです。
・施術期間…個人差はありますがだいたい1年くらいで施術が完了します。
・費用…短期間で効果が出やすいので、結果的に費用を安く抑えることができます。
・施術担当者…医師または看護師(有資格者)
・安全性…安全性が認められた医療機器を使用し、医師による診察や監視下で施術を行います。
・トラブル発生時の対応…クリニックに医師・看護師が常駐しているため、すぐに適切な対応をすることが可能です。

【エステ脱毛】

・脱毛方法…フラッシュ脱毛
・脱毛効果…一時的に毛が少なくなりますが時間の経過と共に再び生えてきます。
・施術回数…毛根を破壊することができないため10回以上回数を重ねる必要があります。
・施術期間…個人差がありますが2~3年程度で完了する人が多いです。
・費用…初回契約時の費用は比較的安価ですが、施術回数が多いため費用総額が高くなる場合もあります。
・施術担当者…サロンスタッフ(資格は特になし)
・安全性…医療機器を使用しないため肌トラブルなどの危険性があります。
・トラブル発生時の対応…医療行為はできないため他の医療機関で治療を受ける必要があります。

医療脱毛とエステ脱毛の大きな違いは、終わりがある脱毛か終わりがない脱毛かという点です。
大阪 梅田には医療脱毛・エステ脱毛どちらも数多くありますが、失敗のない脱毛を行うためには脱毛の違いをよく理解しておくことが重要になります。
大阪 梅田で医療脱毛・エステ脱毛どちらにしようか悩んでいる方は、脱毛効果の実績がある場所で施術を検討してみてはいかがでしょうか。