効果の高いレーザー脱毛は人気の脱毛方法ですが、炎症以外に毛が薄く少なくなるどころか増えてしまうリスクがまれにあります。
その状態を「硬毛化」や「増毛化」と呼びますが、なぜレーザー脱毛で毛が増えてしまうのでしょうか?
今回は硬毛化・増毛化の原因や発生しやすい部位などについてご紹介していきます。

硬毛化・増毛化とはどんな現象?

硬毛化・増毛化とはどんな現象?
本来、レーザー脱毛を受ければムダ毛は抜けていくのですが、硬毛化・増毛化を起こすことがあります。
硬毛化とはムダ毛の量は減っていますが、残った毛が太くなることや長くなってしまう特徴を持つ現象です。
一方、増毛化は発毛していない毛穴もレーザー脱毛の影響で活発化し、それにより毛が増えてしまう状態を指します。
どちらもレーザー脱毛がきっかけでなるものですが、どうして毛が硬くなったり、毛が増えたりするのかはメカニズムが明らかにされていません。
本来はレーザーを照射することで熱が発生し、その熱で毛根やその周りの毛包を破壊していますが、何かの減少により熱に変わらず毛根周辺の組織を活発化させてしまうという説が考えられています。
医学界では原因を明らかにするため、硬毛化・増毛化の発生や対処方法の研究が現在でも続けられています。

光脱毛でも硬毛化・増毛化は起きる

光脱毛でも硬毛化・増毛化は起きる
レーザー脱毛で硬毛化・増毛化が起きるとすれば、サロンの光脱毛なら安心と思う方もいらっしゃるでしょう。
確かに、光脱毛はレーザーよりも威力が低いので肌へのダメージは少ないものの、レーザー脱毛と同じく硬毛化・増毛化のリスクは存在しています。
サロンに限らず家庭用脱毛器でも発生する可能性は十分にあるので、レーザー脱毛や光脱毛問わず毛根細胞を刺激する脱毛は硬毛化・増毛化が発生することがあると認識しておきましょう。

硬毛化・増毛化はどの部位に起きやすい?

硬毛化・増毛化はどの部位に起きやすい?
硬毛化・増毛化のメカニズムは明確になっていないので具体的にどこにできるとは断言できませんが、細くて薄い産毛の部位に多く見られます。
産毛の生える部分とはうなじや背中、二の腕、肩まわりなどが当てはまります。
これらの部位は個人でムダ毛処理することが難しく、レーザー脱毛で人気の高い部位に含まれるため、硬毛化・増毛化のリスクを理解した上で脱毛をしてください。

このように、レーザー脱毛は様々なリスクがあると承知の上で行わなければなりませんが、いざ硬毛化・増毛化が発生すると後悔してしまう人は多いでしょう。
大阪でレーザー脱毛を受ける時は、硬毛化・増毛化に対してどう対処してくれるのか確認し、アフターケアや保証がしっかり整ったクリニックを選んでください。