クリニックのレーザー脱毛はサロンの光脱毛よりも効果が高いことがメリットになりますが、その分、施術後のケアに気を付けなければなりません。
仕上がりのいい肌を保つためにも、レーザー脱毛後の正しい手入れ方法を確認していきましょう。

レーザー脱毛後の入浴と保湿ケアについて

レーザー脱毛後の入浴と保湿ケアについて
レーザー脱毛を受けた後はいつもどおりに生活できますが、入浴と保湿ケアで注意点があります。

・施術後はシャワーだけにすること
肌に少しほてりが残ることがあり、激しい運動で汗をかいたり、入浴で肌を温めたりするとほてりが強くなることや、炎症が悪化することがあります。
肌の温め過ぎを回避するためにレーザー脱毛を受けた日はシャワーだけにしましょう。
ほてりが続く場合は冷水に付けて硬く絞ったタオルや保冷剤で患部を少し冷やしてください。

・保湿ケアは念入りに
肌の水分量が減っているのでいつもより念入りに保湿ケアをしましょう。
わざわざ高い化粧品を使う必要はなく、いつも使っているもので構わないのでじっくりケアしてください。
ダメージを受けた肌はレーザー脱毛器の威力を下げなければならないので、効率良く脱毛していくためには保湿ケアで健康な肌を維持することが大事です。

レーザー脱毛期間中にしてはいけないこと

レーザー脱毛期間中にしてはいけないこと
レーザー脱毛をしている間は肌が敏感になっているので、上記の注意点以外でも気を付けてもらいたいことがあります。

・日焼け
レーザー脱毛は毛根細胞を壊すことで効果を得ているため、脱毛後の肌はダメージを受けた状態であり、少しの紫外線でも日焼けしやすい状態に傾いています。
日焼けすると脱毛時に火傷のリスクが高まるので施術ができず、また日焼けがシミとして残ってしまう場合もあるでしょう。
安全に施術を行うため、シミを作らないためにも日焼け対策を徹底してください。

・毛抜きを使った自己処理
通常レーザー照射をして2週間から3週間後に毛が抜け始めますが、それまで残っている毛が気になるという方は少なくありません。
しかし、そこで毛抜きを使って抜くと毛周期のサイクルが乱れ、次回の照射で十分な効果を得られなくなってしまいます。
ムダ毛が気になる時は抜くことを避け、電動カミソリやシェイバーなど肌に優しい方法で処理をしましょう。

大阪にはレーザー脱毛が受けられるクリニックがたくさんあり、体毛の濃さに悩む多くの方が施術を受けています。
効果が高い分、炎症が起きるリスクがありますが、クリニックでの施術なので肌トラブルのリスクに配慮し軟膏が処方されるので、炎症が起きた際は処方された軟膏を必ず使い、改善されない場合はすぐに相談してください。
大阪でレーザー脱毛を受けたい方は脱毛実績が多く、アフターケアに徹底しているクリニックを選び、ご紹介した正しいケアも徹底しましょう。